2017年10月22日日曜日

各気筒ターボシステムがさらなるダウンサイジング革命を惹き起こす? ~HCCI以外の内燃機関が生き残るべき道?~

大衆迎合的には、「これからの自動車は電気で走る」となっているわけですが。
個人的には、100年以上輸送手段のパワートレインとして磨き上げられた内燃機関からそう拙速には移行できず、しばらくは緩やかなシフトになると予想しています。

しかしそうは言っても、高まる環境規制は待ったなしに内燃機関に降りかかるわけで、内燃機関自体にもより高い効率(CO2排出量の削減)が求められるわけですが。
HCCIエンジン以外でも、これの切り札となりそうな技術(アイディア)があるようでして。

こちら、『各気筒ターボシステム』と訳されるものです。


2017年10月20日金曜日

【公開→やっぱりカッコいいので思わず追記】次期A7の激スタイリッシュなスパイショット ~久々に期待できるアウディデザイン~

【初稿@2017/10/19 5:15】
お!これは!!って思ったアウディのスパイショットって久々かも知れません。
次期A7のスパイショットが撮られましたが、これがなかなかにスタイリッシュなのです。


BMW、ステーションワゴン(ツーリング)にPHEVを設定する気がない? ~そうなるとやっぱりクリーンディーゼル押しか~

2025年までに電気自動車を25モデルに増やし、そのうち12モデルをフルEVにし、売上高全体の15~25%を占めさせようと公言しているBMW。
その中には、Mモデルまで含まれるとされるわけですが。

電気自動車25モデルのうち12モデルをフルEVで出すということは、半分はPHEVということとも言えます。
となれば、当然そこにステーションワゴン(ツーリング)もラインナップされてくるだろうと思いきや・・・。


え?・・・マジ??


2017年10月18日水曜日

【日本上陸でちょい追記】アルテオンがもはやVWからアウディへの刺客にしか思えないんだけど。~ガチでA5スポーツバックを潰すつもり?~

【初稿@2017/06/05 5:00】
最近のVW、すっかり先進的かつ高級路線まっしぐらに思えるわけですが。
本国で既に発売されているアルテオンが、もはやその象徴というか何というか。

身内であるアウディを喰らうというか、VWからアウディへの刺客のように思えてなりません。

2017年10月17日火曜日

【追記あり】神戸製鋼(KOBELCO)の不祥事についての雑感と、納入先にBMWがあるのかないのか的な不安と。

【初稿@2017/10/15 18:08】
情報の種類や発信方法、そして速度が飛躍的に高まったことで、神経質になると同時に誤魔化しのきかない社会になっている昨今ですが。
これまで勤勉で真面目、そして妥協のない品質を実現するものづくりが何よりの売りだったはずの日本企業の不正が相次いで明るみに出ていますね。

かかる中、またしても本邦発の不祥事として、神戸製鋼(KOBELCO)が鋼材等の強度データを改ざんしてきたという事件が明るみに出ました。
今日は、そんな日本人として恥ずべき事件について、ネタにしてみたいと思います。


2017年10月16日月曜日

次期メルセデスベンツBクラスのスパイショット ~まとまり感が出てなかなかイイ感じでは?~

元祖かどうかまでは分かりませんが、いち早く日本に導入された欧州ミニバンとして、ある意味その分野のフロンティア的な存在とも言えるメルセデスベンツBクラス。
いよいよFMCの時期が近付いてきたようで、次期型のスパイショットが撮られました。


2017年10月12日木曜日

【新型5シリーズ(G30) 523d試乗記】新機能やら新装備やらの使用感ほか ~ドライビングアシストプラスとか新型ナビゲーションシステムとか色んなカメラとかとか~

新型5シリーズの注目すべき点として、様々な新機能やら新装備やらが挙げられますが。
可能な限りアレコレ試してみた、そんな感想でも書こうと思います。

もちろん、前車追従のみならずストップ&ゴーからステアリングのアシストまでしてくれる、ドライビングアシストプラスのACCも一般道で試してみましたよ♪


2017年10月11日水曜日

次期メルセデスベンツAクラス、ボディラインくっきりのスパイショットとAutoBild詩の予想レンダリングと ~2018年3月のジュネーブでいよいよ公開か~

いよいよ出てきた、次期Aクラスの薄着なスパイショット。
これまでのスパイショットからも次期AクラスをはじめとするMFA2群はスタイリッシュになると予想してきましたが、今回の薄着なスパイショットを見てそれが確信に変わりました。
めっちゃカッコいいです!